カテゴリーアーカイブ: 文学

強度の夢, バランスと美しさ

Condividi!

私たちは、過去のおとぎ話の引退女性のステレオタイプを送ります

I様IT_Settembre-2017_con-ADV-と-適切-8

印刷版はここからダウンロード

SILENT REVOLUTION . 誰もが次の自分のベッドにナイトスタンドに保つ必要があることを帳, 毎晩健全な心をリフレッシュ与えるために, 夢の前に. 彼らはただのおとぎ話ではありません, 流体スタイルで書かれました, 適切かつ任意のティーンエイジャーに理解, しかし、ほとんどそれは照明の概要です, 世界中から60人のイラストレーターで作成された幻想的な画像間の, 女性に対する (そして時には男性に) 昨日, 今日と明日. むさぼるブック, すでに恋に落ちるこの献身で始まります: 世界中の「反政府勢力への女の子: 大きな夢, 賭け金が高いです, より多くのエネルギーとの闘い. それ, 疑問があります, 思い出します: あなたは "正しいです. 年の確かに出版イベント 物語は、反乱の女の子におやすみ, の エレナ燃料フランチェスカカバロ (トンブクトゥ研究所, 2016 そして、モンダドーリ, 2017).

SYMBOLIC TEXT . 二人の若い作家とおしゃべりしながら、, 彼はより多くの歴史に資金を提供し未発表の本の笏を獲得しました (聖書だけの特別なバージョンの2番目), 月のクラウドファンディング未満に集め億ドル以上と (人魚と王女より!), 私たちは、過去のおとぎ話から、共通の女性のステレオタイプの世紀を実現します, これは必然的に埋め会社を反映しました, 今日は退職に送信することができます. 子どもの心Nell'elastica, パッシブと自己満足の女性像は最終的に勇敢な女性のための部屋を作ることができます, 自由で活発な. 昔々 となり そこ常にされており、より一層になります, 百の臨時ライフストーリーの合計, 作ります, 著者が語ったよう, 「子どもたちは「想像力の力で世界を発見するのを助けるために. 「我々は、中心に子供を置くことに興味を持っていたと、通常は否定的な意味合いを持っているワード反政府勢力を関連付けます, それは女性にリンクされている場合は特に, その多く, 私たちの物語を伝えるためにどのように, 彼らは「良い終わりがありませんでした, 説明します 燃料, ジャーナリストや起業家, それがにあります , 作家や演出家, 「私たちは強く、あなたがすべての彼らの複雑さにはほとんどの人と話を示すことが重要であると考えていますので」. 懸念は、あなたはまた、書籍の女性キャラクターとの間に挿入されているという批判への対応 マーガレット・サッチャー (英国から首相 1979 al 1990, 彼女の権威一見のための鉄の女と呼ばれます, ndr), エレナ燃料 彼は、彼らが選んだと言います 「また、文字とその影.

I様IT_Settembre-2017_con-ADV-と-適切-3

固定観念の崩壊 . 物語は、反乱の女の子におやすみ これは、メディア会社ティンブクトゥ研究所の観客との研究との対話の6年間の結果であります, で作成されました 2013 二人の若いです, それはすべての年齢の子供のための革新的な製品を作成します. 募金活動の間に, 著者は、いくつかの名前を提案するために、公開を求めています: 「マルゲリータハック最も人気のあるフリーダ・カーロとジェーン・オースティンの中と科学者の間で. 私たちは、以上の200人の女性がピンクでした: サウジアラビアからパキスタンへ, 中国, 説明 燃料. 「一部は二本を入力します, 私たちは、「準備をしています, 予想してい , 「将来の世代の想像力を点火するために、. 私たちは、女の子の両親へのメッセージの雪崩に圧倒されただけでなく、これらの物語を特定し、子どもの人は、このような強い偏見を持っていません - あなたは大きな取得するときのように - すべての女性のリード」で書籍へ. 手短に言えば, それは別の将来の夢かもしれません? それでは、それをやらせます: 私たちは一緒に情熱の未来を夢見ます, 好奇心, 優しさと寛大さ. 今までより良い人間の現実. また、に住んでいる人たちは、変更と変態の時代です. 西洋社会の再生の力で社会的、政治的緊張の代替, それらを先行世代のものとは女性と男性の非常に異なる数字で初めて対処するために呼び出さ.

CHANGE OF MIRROR AS WOMAN . 大画面で、私たちは、女性であることの新しい方法を教えて文字を私たちに提示し、映画を見ました, 母, 世界中で働きます, また、漫画: 最後 オセアニア, エルザで フローズン, メリダに渡します 反乱. 男が出現する必要はありません。すべての女の子. 多くは、過去の偉大な女性の私たちに語っています, など カウントする権利テオドール・メルフィ, o A United Kingdomアンマ健康, しかし、我々は、少なくとも百タイトルのリストを作ることができます. 私たちは、読み 殺傷antenate, scritto da リータ・レーヴィ=モンタルチーニ 彼の死の直前, ととも​​に GiuseppinaのTripodi, そしてGallucciによって公開 (2008), 社会の中で、科学に70以上の先駆者の女性の歴史を覚えて, 古代から現代まで. しかし、たとえ 悪い女の子, グラフィックノベルSinnosを編集します (2013), によって書かれました ヘッセPetricelli とによって示され セルジオ・リッカルディ, これは15人の大胆かつ創造的な女性の物語. 私たちは、漫画を読みます 鉛, 唯一の愛と光が境界線のために持っていること, の Colaone, Sattaとデ・センティス, su リーダ・ラファネリ, アナキストとイスラム教徒, 20世紀のイタリアの知的歴史の偉大なフィギュア (ココニーノによって公開, 2016) と フリーダ. オペレッタエッチ漫画ヴァンナ・ヴィンチ (24 文化時間, 2016).

I様IT_Settembre-2017_con-ADV-と右-1

email

Tutti pazzi per i gatti

Condividi!

Nelle librerie, online e sui social, impazzano terapie “pets”: modelli di vita animale.

ILK-MAGGIO_01-37

SCARICA QUI L’ARTICOLO IN PDF

Venditori di libri? No, librai!

Condividi!

Viaggio nel mercato dell’editoria milanese, in bilico tra crisi
e ricerca di nuove idee: a partire dalla scelta di reinventarsi

http://www.mitomorrow.it/2017/02/24/venditori-di-libri-no-librai-come-ci-si-reinventa/

mi-tomorrow-2017-02-24-6 mi-tomorrow-2017-02-24-7

16804086_654283071430336_3348385039855433095_o

 

Una media all’avanguardia

Condividi!

LA QUINTINO DI VONA – TITO SPERI è UNA SECONDARIA ATIPICA:
L’OFFERTA DIDATTICA è DIVISA IN MOLTEPLICI PERCORSI FORMATIVI

http://www.mitomorrow.it/2016/12/13/percorsi-allavanguardia-alla-media-quintino-di-vona-tito-speri/

mi-tomorrow-2016-12-13.pdf

Stringimi prima che arrivi la notte: presentazione

Condividi!

Ieri sera sono capitata quasi per caso alla libreria “…il mio libro” di Via Sannio, ミラノ, intimo e graziosissimo luogo che ospita eventi e presentazioni devo dire piuttosto approfondite, di romanzi d’esordio e non.

Saletta piena e un giovane scrittore, Claudio Volpe, assolutamente disponibile nei confronti del suoi lettori: di certo più loquace e generoso di molti nomi noti ascoltati.

Leggerò e saprò riferire riguardo a Stringimi prima che arrivi la notte, secondo romanzo di Volpe, che affronta un tema assai spinoso, come quello dell’anoressia, ma da quanto ho potuto ascoltare, anche molto di più. Delle riflessioni sviluppate assieme all’autore intanto mi hanno colpita la profonda e probabilmente implicita riflessione sulle aberrazioni della mistificazione, la riflessione sull’utilità sociale dell’arte letteraria, un pensiero originale sulla resilienza e sulla plasmabilità della psiche umana e l’idea, a me molto vicina, del trovare la propria forma nel caos, nonché la funzione terapeutica della rabbia.

Alla fine, il miracolo di una dedica che inaspettatamente centra tantissimo con me.

Probabilmente in questo romanzo troverò cose che ho già sviluppato e concluso, ma c’è bisogno di scrittori così lungimiranti, pieni d’entusiasmo e ricchi di vita: il pensiero giovane e profondo di individui empatici come Volpe è assolutamente necessario.

monza-riparte-mirabello-cultura-claudio-volpe-racconta-il-suo-libro_cf602708-aa9e-11e2-9042-b702709de342_display